ハイパーステレオ+タイムラプスで撮影した日本の風景。

俗に言われるHyperlapse ではなく、ステレオ3D撮影におけるハイパーステレオ撮影とタイムラプス(微速度撮影)を組み合わせた立体映像。 ハイパーステレオ撮影は、3D撮影における左右のカメラ間隔を大きくして撮影することで、遠くの風景などを立体的に撮影するテクニックである。 カメラ間隔はシーンにもよるが3m~100m程度。 カメラ間隔を大きくするほど、目幅の大きな巨人の見た世界となり、風景などがミニチュア風に見える特徴がある。