3Dちゃんねる

立体映像チャンネル。 ステレオ3D(立体映像)の動画・技術・情報を掲載~

sekitani3d

錦帯橋通りぬけのタイムラプスを3D立体視で撮影したものです。
カメラはフジフイルムのFinepix REAL3D W3 を使い、一歩あるいてはシャッターを切るという方法で撮影されています。

S3D (立体映像) で、プロジェクションマッピングされた作品「The 3D BOX」。
SIGGRAPH 2014 でも展示されたそうです。

夏の夜といえば花火!
・・・ということで、諏訪湖花火大会の3D映像です。 



ハイパーステレオで撮影されていますので、花火も立体的に見えますよ。(2012年の撮影)

3Dミュージックビデオ 「A Geek Like Me」

第10回LA 3-D Movie Festivalで、Ray Zoneアワード受賞。
2014年National Stereoscopic Association convention (3D-Con)で、Paul Wingアワード受賞。


ウミネコ整列中~
ウミネコの繁殖地として知られる青森県・蕪島で撮影しました。
これだけたくさんいると、ちょっと怖いですね。



暑い日は、海、行きたいですよね!
ということで、波打ちぎわのザブ~ンです。
音とともに3Dでお楽しみください~


ハイパーステレオ+タイムラプスで撮影した日本の風景。

俗に言われるHyperlapse ではなく、ステレオ3D撮影におけるハイパーステレオ撮影とタイムラプス(微速度撮影)を組み合わせた立体映像。 ハイパーステレオ撮影は、3D撮影における左右のカメラ間隔を大きくして撮影することで、遠くの風景などを立体的に撮影するテクニックである。 カメラ間隔はシーンにもよるが3m~100m程度。 カメラ間隔を大きくするほど、目幅の大きな巨人の見た世界となり、風景などがミニチュア風に見える特徴がある。

レーシングカーで函館山を攻める! ・・・本当は5倍の速回しw

GoPro HERO3+ DUAL System (ケーブル延長でSB=8cmに拡張)をボンネットに吸盤でマウントして撮影。

4月中旬にコマ撮りした福島の三春滝桜です。

もう1000年も咲き続けています。
この桜からは、人の営みもまるでコマ撮りのように見えているのかもしれませんね。




お台場の4D王(360度3Dシアター)の3D映像から抜け出して、会場を回遊するサメさんでした~

4D王・東京お台場 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140427/trd14042712000003-n1.htm

↑このページのトップヘ