錦帯橋通りぬけのタイムラプスを3D立体視で撮影したものです。
カメラはフジフイルムのFinepix REAL3D W3 を使い、一歩あるいてはシャッターを切るという方法で撮影されています。