3Dちゃんねる

立体映像チャンネル。 ステレオ3D(立体映像)の動画・技術・情報を掲載~

タグ:stereoscopic

錦帯橋通りぬけのタイムラプスを3D立体視で撮影したものです。
カメラはフジフイルムのFinepix REAL3D W3 を使い、一歩あるいてはシャッターを切るという方法で撮影されています。

夏の夜といえば花火!
・・・ということで、諏訪湖花火大会の3D映像です。 



ハイパーステレオで撮影されていますので、花火も立体的に見えますよ。(2012年の撮影)

3Dミュージックビデオ 「A Geek Like Me」

第10回LA 3-D Movie Festivalで、Ray Zoneアワード受賞。
2014年National Stereoscopic Association convention (3D-Con)で、Paul Wingアワード受賞。


ハイパーステレオ+タイムラプスで撮影した日本の風景。

俗に言われるHyperlapse ではなく、ステレオ3D撮影におけるハイパーステレオ撮影とタイムラプス(微速度撮影)を組み合わせた立体映像。 ハイパーステレオ撮影は、3D撮影における左右のカメラ間隔を大きくして撮影することで、遠くの風景などを立体的に撮影するテクニックである。 カメラ間隔はシーンにもよるが3m~100m程度。 カメラ間隔を大きくするほど、目幅の大きな巨人の見た世界となり、風景などがミニチュア風に見える特徴がある。

雲海の竹田城を3Dで撮影した動画。

NSA (アメリカのステレオ写真/映像の団体)が毎年開催するコンベンション "3D-Con" の様子をレポートした3D映像です。

映像は2011年にコロラド州ラブランドで開催されたもの。



2014年度は、7月にテネシー州ナッシュビルでの開催です~ [3D-CON 2014]

記念の3D動画紹介1本目は桜の空撮映像です。

春ですからネ(^^)



マルチコプターに、SONY TD-10 を搭載して、テスト撮影した3D映像です。

撮影の様子は、ブログ「殿チャンネル」でも紹介されています。

↑このページのトップヘ